小説を執筆する上で盛り上がりのシーンはジャンルを問わず重要な役割をします。
恋愛小説なら恋心を持つ2人がお互いの気持ちに素直になるシーンやアクション小説なら争うシーンが代表的です。
登場人物や舞台によって盛り上がりのシーンは様々に変化します。
では、アクション小説で中小企業が舞台の場合は、盛り上がるシーンのキーポイントになるのは何でしょうか。
どんな武器を持てばピンチをチャンスに変えて、小説を締めくくることができるのでしょうか。

より真実味のある情報をまとめていきたい

現在では、情報社会や情報化時代と言われるほど情報がたくさん溢れています。
パソコンやスマホで検索すれば、日常的なことから法律まで何でも情報を収集できるようになっています。
こんなに情報が溢れている時代だからこそ、より真実味のある情報を集めることが重要になります。
中小企業が舞台の場合、武器になるのは情報です。
経営がピンチになったときは武器になるものの情報を収集することがキーポイントになります。
しかし、情報の中には鮮度の悪い古いものや情報の発信源が曖昧なもので信用するに値しない情報もあります。
真実味が無い情報は武器にはなりません。そんな武器では争うシーンは面白味が無くなってしまいます。
真実味のある情報だけがキーポイントとなり、争うシーンを盛り上げてくれます。
執筆で重要になる盛り上がりのシーンを面白いものにすることと、中小企業をピンチから救ってくれる武器はどちらも情報の真実味があるからこそ成り立ちます。

助成金を一覧を手に争うシーンが目玉

では、執筆で盛り上がりのシーンを面白くするキーポイントは「情報の真実味」であることが分かったところで、中小企業の武器になるものについて考えていきましょう。
中小企業が経営でピンチになったときに役立つのが「助成金」です。
助成金は地方自治体によって違いはありますが、基本的には自営業や中小企業の経営を助けてくれるものになります。
ピンチに陥った中小企業が失意のどん底から這い上がるには、助成金を一覧にした情報が最強の武器になります。
あと一撃で倒されてしまうピンチだったとしても、助成金の真実味がある情報を使えば一発逆転も夢ではありません。
小説では、しばしばチートと呼ばれるような助っ人が現れたり、ピンチに陥ったときに特殊能力などのありえない方法でチャンスに変えることもあります。
しかし、中小企業に取っての助成金は正当なストーリーには欠かせないアイテムです。
小説での執筆の中なら、助成金を一覧にした情報を片手に経営難という苦難に悠然と立ち向かうシーンが最大の見せ場になります。

◎クラウドソーシングを活用した専門家キュレーションメディア
助成金や補助金を一覧で確認