小説家は便秘対策が大事、これは座ったままで仕事をする、運動不足の職業柄の職名とも言えます。
でも小説家だからといって、いつまでも便秘に悩まされる必要はないことです。
いくら執筆に忙しくても、軽く運動をする習慣をつけることができますし、腹筋を鍛えることにはメリットが多いです。
運動習慣を入れるのとともに、実践をするべきなのは食事内容です。
食物繊維は便通をよくする最善の手段ですし、水分を十分に飲むことも大事な改善ポイントです。

執筆活動には生理現象が邪魔

執筆活動には生理現象が邪魔になるのは本当のことであり、お腹に違和感や重みを感じたままでは、執筆活動にも集中ができないためです。
日頃から体を動かすことの少ない職業柄であり、さらに座ったまま書くという仕事ですので、体育会系とはかけ離れた生活をしています。
何よりも必要なのは考える力や発想力、面白いストーリーを発見することなど、とにかく頭脳プレーの仕事です。
ハイレベルな頭脳と発想力、少しばかりのインスピレーションを頼りに、面白い小説を書き上げるのが小説家というものです。
だから意識ややる気をそぐような、邪魔になる不快な生理現象は削除したいと考えます。
便秘になればお腹には重さを感じますし、排便のなかなかない状態はストレスになります。
仕事への集中力が落ちていきますし、生理現象だけに自然に解消をしてほしいものの、運動不足を自負しながらも、なかなか改善できないしがらみに、さらにストレスを抱えやすくなります。
しかし便秘の対策さえ怠らなければ、便秘によるストレスは消えていきます。

過去の文豪たちも便秘に悩まされてたり・・・?

過去の文豪たちも便秘に悩まされていたという、あまり知られざる事実を知ることでも、小説家としての便秘との付き合いの運命的なことを感じないわけにはいかない部分です。
現代は情報にあふれていますので、不快な生理現象に悩みを抱えているだけではなく、便秘解消の対策を模索して、実践をすることができます。いくら小説家は動かない商売だとしても、意識的に便秘対策を行うことで、便通には悩まない快適な生活を送ることができます。便秘解消の基本は食事で何を食べるか、運動をして体を動かすかです。
便秘対策の効果は継続的な実践により、裏切ることなくやがて発揮されることになります。
座りっぱなしの生活は筋力を低下させて、腹筋を弱くするので便秘を促進させます。
散歩をして有酸素運動をしてみたり、週に数回は軽い筋トレをすることで、腹筋も筋力もアップします。
食事では食物繊維を意識すること、飲み物は白湯やミネラルウォーターなどを、こまめに飲むのがコツです。