小説を執筆するときにテーマを最初に決める作家さんは沢山います。
テーマとは、時代設定や舞台になる場所、ジャンルのことです。
時代設定が違うと同じ舞台でも全く違う小説になります。
逆も然り、時代設定が同じでも舞台が違うと印象は大きく変わります。
様々な舞台での小説を執筆するには、専門的な知識が必要になります。
そのために、多くの情報や資料を集めることは執筆をする作家にとって当たり前のことです。
現在は飲食コンサルタントに注目しています

次の舞台は都内のレストラン

次の小説の執筆をするにあたり、舞台は都内レストランなんてどうでしょうか。
時代設定は現代、ジャンルは恋愛小説です。
小説の舞台として都内レストランを選んだので、実際に都内にある人気レストランへ赴く必要があります。
お店の雰囲気やフードメニューをしっかりとチェックすることが目的になります。
実際に目にして経験した情報と合わせて、飲食コンサルタントの方にもお話を聞く必要があります。
飲食コンサルタントはフードコンサルタントとも呼ばれています。
飲食店の開業から運営計画まで様々な専門知識を持ってアドバイスをしてくれるのが飲食コンサルタントです。
飲食店に関する知識を豊富に持っているエキスパートです。
飲食コンサルタントなら、都内にあるレストランを舞台にするための材料を沢山持っているはずです。
まずは都内でレストランの開業に関することやフードメニューについて聞いてみようと思っています。
他にも、これまで成し遂げてきた業績にも興味があります。

人気のレストランを作る過程の恋愛小説ね

都内レストランを舞台にすることや時代設定、ジャンルを恋愛小説にすることが決まったところで、登場人物を考えていきたいと思います。
都内レストランが舞台であることや恋愛小説であることを踏まえて、女性シェフと飲食コンサルタントです。
ストーリーは女性シェフと飲食コンサルタントが人気のレストランを造っていくなんてどうでしょう。
結末はもちろん、ハッピーエンドです。心がほんわかとするような恋愛小説を執筆しようと思います。
そのためにも、飲食コンサルタントの方に飲食店を開業するために大切なことや手順を教えてもらう必要があります。
他にも女性シェフならではのエピソードも必要になります。
都内で開業から人気レストランにしていくためには、人並み以上の努力が必要になるでしょう。
挫折しそうになるぐらいに悩みながらも前進していく女性シェフをサポートする飲食コンサルタントの手腕も見ものになるはずです。
考えるだけでアイデアが溢れてくる気がします。