粉体塗装の工場を舞台にした小説や映画はいくつか存在しています。
粉体塗装の工場の工場を舞台にした小説を書くためには、実際にその工場を見てみないと始まりません。
理想を言えば、アルバイトでもいいので実際に中で働いて見ることです。
もちろん、ひやかしで仕事をすることは禁物です。
アルバイトでもきちんと与えられた仕事をこなしましょう。
仕事を通して得た業界の内部情報などは小説では基本的には使えません。
守秘義務などがあるからです。
あくまで小説の作成に役立てるということにしましょう。

一口に工場と言っても色々あります

工場地帯を歩いていると、工場といってもいろいろあるということに気がつきます。
粉体塗装の工場だけでなく、ネジを作っている工場、お菓子を作っている工場などさまざまです。
私たちが身近で使っているものといえば冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、自動車などになりますが、もちろんそれらの製品を作っている工場も存在しています。
自動車のように重くて大きいものを作っている工場の場合、主に男性が働いているようです。
小さな部品を作っている工場の場合には手先の器用さがある女性のほうがたくさん働いていることもあります。
昔の小説を読んでいると、職人さんが手作業で製品を作っているという物語などがありますが、現在は機械がほとんどのことをやってくれています。
現代風の小説を書くならば、ぜひ工場見学をして機械を見ておくべきでしょう。
必ずしもリアリティがある小説にする必要はないので、あくまで参考程度にすればよいです。
空想や妄想をするための材料集めといったところでしょう。

物語の舞台としては最高のチョイスだったり

工場は物語の舞台としては最高のチョイスとなる可能性があります。
まず、普通に生活をしている人は工場の内部を見ることはありませんし、そこで働いている人がどんな様子なのかも知る機会がありません。
小説はあくまで架空のお話であり、事実を反映しているものではありませんので、この部分はあまり問題にならないでしょう。
むしろ、一般人が知らない世界を舞台とすることで、読んだ人がさまざまな空想や妄想をしてくれます。
ファンタジー世界などは理想的ですが、あまりに現実とかけ離れていると書くほうも大変です。
小説を書き始めようとする初心者は、いきなりファンタジー世界について考えるよりも、工場のように現実に存在しているが、あまり一般人にはなじみのない世界などを題材としてみると書きやすくなるでしょう。
物語を面白くするために、さまざまなものを組み合わせてみると良いです。
「工場」と「お姫様」というようにありえない組み合わせなども自由です。